特集!株式市場!

ビジネス01 ビジネス02
2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。2013年に株価を大きく乱高下させた日本の株式市場は2012年に比べて経済の活性化となっいたことは間違いないのかもしれません。
このことが大きく経済活性化の下支えになったのかも知れません。
しかし、問題は日本全体の経済底上げになっているのかです。
2012年12月に第二次安倍内閣が発足したことで、長いデフレから脱却し円高傾向から円安へ、株価は一時ほぼ2倍の水準に達してきて、日本経済が本格回復をするかに見えた感じがします。
このタイミングでオリンピックの東京招致となり日本人の気持ちにもうきうき感が出てきたと言えるでしょう。
ただ、このことで安定的な経済を確立し、今後の増税でさらなる安定化を図り2020年の東京オリンピックに備える動きがあり、2020年に向けて大きく増税をすることが織り込まれており、まずは4月に消費税10%の実施があり、増税後の日本経済の景気に支障が出ないように軽減税率を導入するのですが、これを超えられるかが問題となり、14年の12月までの金融市場の活性化が今後の先行きを測るハードルで、引き続き株においても市場が乱高下することが伺えるでしょう。
今後大きく差がつく国民の経済状況の中で、様々な金融商品への投資を試みる人多いでしょうが、適切な時期での利益確定が投資の是非を問うこととなるでしょう。