株式市場は何によって動くのか

とある会社が以前制作していたものを作れなくなったとしましょう。その作れなくなったものはその会社のメインといってもいいものであり、それが作れなくなれば当然会社の運営には大きな影響が出るでしょう。ということは当然会社の価値自体にも影響が出てきます。そうなれば当然株式市場にも影響がないわけではなく、株価が下がる要因となります。このように市場が動く原因というのは、こうしたその会社に何かしらのニュースがあった時です。また社会の景気も影響があり、例えば凄い利益を出しやすい一定の時期があれば会社としても利益がどんどん出るようになり、会社の価値が上がります。そうすると当然その株の価値も上がるため、株価が上がるようになります。そしてそれに応じて株価の平均や株価指数といったものも株を持っている人にとっての取引の目安にもなり、その数値によってまた動くことになります。株というもの自体が会社の価値を表すものなので、市場が動く時というのはやはり会社というものに何か影響があった時ということです。だからこそ逆に言えば株の動きを知りたい方はニュースや経済の指標といったものを見ていけばある程度その動きの予測を立てることが出来るということです。

Comments are closed.