金利と株価

金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。金利と株価は逆相関の関係にあると考えられます。つまり、低利になれば株高になり、高利になれば株安になると言うことです。なぜこのようになるのかというと、これには実需面と金融面との二つの理由があります。
実需面は、企業の資金調達です。企業はレバレッジをかけて経営をすることも多く、例えばあるプロジェクトを行うために借入をしたり、あるいは債券を発行したりすることが多いです。低利であれば利息の支払いが小さくなりますから、資金調達コストが下がります。これによって利益が増えると考えられるために、株高になると考えられるのです。実際にそうなることもありますし、思惑だけで株高になる事もあります。
もう一つの金融面についてですが、これは実績とは関係のない場合も多いです。資金を運用している人は債券や株式など様々なものに投資をしているわけですが、低利になれば債券に投資をする魅力がなくなります。低利になると言うことは、つまり債権の利回りが低くなるということを意味しますから、運用成績が悪くなるのです。債券に投資をしないとなると他に投資をしなければならなくなるのですが、そのために株式が買われるという傾向があります。最近の大規模な金融緩和による株高は、このような理由によるものです。

Comments are closed.